これから示される項目に1つ以上あてはまる場合は、
遺伝性のがんに詳しい医師や遺伝カウンセラーに紹介され、
がんの遺伝的リスク評価を受けることが望ましいとされています。

このリスク評価は、遺伝カウンセリングなどで行われています。

閉じる